ノンカフェインはなぜ良いの?おすすめのノンカフェイン飲料もご紹介

ノンカフェインはなぜ良いの?おすすめのノンカフェイン飲料もご紹介

ルイボスティー

カフェインが入っているドリンクはコーヒーに限りません。

気をつけなければ、知らず知らずに取りすぎになっているカフェイン。

実は、コーヒー・紅茶・緑茶・栄養ドリンク・コーラ・ほうじ茶・抹茶・ココアなどなど、沢山のドリンクに潜んでいることをご存じでしょうか?

そこでこの記事では、カフェインのデメリットを説明していくとともに、おすすめのノンカフェイン飲料も紹介していきます。

コーヒー

カフェインが体に与えるデメリットとは?

ノンカフェインのオススメポイントを語るために、まずカフェインが体に与える影響をお伝えしたいと思います。

カフェインは天然由来の成分ではありますが、実はタバコのニコチンやコカインと同じに分類されるような成分で興奮を及ぼすほか依存性がある事がわかっています。

タバコ

集中力を高めたり、眠気覚ましに上手く使っている人も多いですが、カフェインのデメリットもわかった上で摂取しないといけません。

なにせ依存性があるという事は、中毒性が高いという事!取りすぎ注意なのです。

イライラ・眠れない・なんとなく調子が良くないなどの不調はカフェインの取りすぎが原因という事も多いようです。

 頭痛

妊婦さんや授乳中のママさんがカフェインを摂らない方が良い?

ここまでカフェインが体に与える影響について解説してきましたが、基本的にはカフェインは摂りすぎなければ問題はないとされています。

しかしその一方で、カフェインを摂らない方が良いとされている人々もいるんです。

その代表が、妊婦さん。

日本では明確に定められてはいませんが、海外を参考にすると、妊婦が1日に摂っていいカフェインはドリップコーヒー2杯程度となっています。

妊婦

海外の研究ではそれ以上のカフェインを摂り続けた妊婦の場合、未熟児や低体重児のリスクの増加、流産の確率が上がったりという結果が。

カフェインを取りすぎると、カルシウムや鉄分など、赤ちゃんの形成や成長に必要な成分が足りなくなってしまうのだそう。

そして妊婦さんのみならず、授乳中の女性もカフェインのとり過ぎは良くありません。

母乳によって子どもがカフェインを摂取するため、寝付きが悪くなったりイライラしたり、落ち着きがない子供になりやすいといいます。

赤ちゃん

調子が悪いときはカフェインを摂らないという選択肢も

出産前や授乳中の女性に限らず、なんとなく調子が悪いと感じた時には「カフェイン絶ち」してみるのもいいかもしれませんね。

毎日カフェインが多く含まれているコーヒーやお茶をたくさん飲んでいるという人は特に、カフェインを控えるだけで意外と調子が良くなるかもしれませんよ。

当店にはノンカフェインでありながら、健康や美容にもアプローチするお茶をたくさん用意しています。

ハーブティ

おすすめのノンカフェイン飲料をご紹介

カフェインを含んでいないお茶は、意外と多くあります。 例えば弊社で先日リリースした「ラズベリーリーフティー」は、女性特有の不調や妊婦さんを応援するお茶。頑張る妊婦さんへのプレゼントにもおすすめです。

ほかにもルイボスティーや黒豆茶、ごぼう茶、黒豆ごぼう茶 などは、毎日の健康維持や美容に気を配る方にぴったりの健康茶。

もちろんノンカフェインなので、寝る前やリラックスタイムのお供にもおすすめですよ。

ほかにも美味しくて健康や美容にアプローチしてくれる商品をラインナップ豊富に用意してるので、興味がある方はぜひ一度チェックしてみてください。

ちょっとした日常の不調は、もしかしたら「ノンカフェイン生活」で変化するかもしれませんよ

ノンカフェイン商品はコチラ

Kaorino 有機ルイボスティー オーガニッククラシック

ルイボスティ生産全体の0.3%未満しか採れない最高級茶葉を使用しています。綺麗な赤い色と爽やかな味わい、ぜひこちらもお試し頂ければと思います。

ルイボスティー


Kaorino オーガニック ラズベリーリーフティー

海外オーガニック認証を取得した本物のオーガニックラズベリーリーフティーです。香りは甘めでクセのない味なので、ハーブティー初心者の方にもおすすめ。

ラズベリーリーフティー


健康菜茶 国産焙煎ごぼう茶

特許製法で作り、香ばしく・野菜の甘味も感じられるごぼう茶。原料のごぼうは九州産のものを使用。とても飲みやすく健康茶を始めるならまずはこれです。

ごぼう茶