スーパーフードと完全食の 健康食品専門店 オーガライフ

「中性脂肪」と聞くと、なんだか悪いものの様に思いますが、その正体はご存知でしょうか??

中性脂肪値が高いと、皮下脂肪や贅肉の原因になるのみならず、血液がドロドロ血になり、美容にも健康にも悪影響が出ます。

ウェイトを落としたいと思い立ったとき、血液中の脂質値が高いと運動するのもリスクになる為、なかなか思い切った運動もできません。

さて、中性脂肪とは何か?減らすにはどうしたらいいか?お話してまいりましょう。

見出しをタップ
見出しをタップ
展開アイコン

中性脂肪とは

展開アイコン

中性脂肪とは

中性脂肪とは人間の体を動かすための原動力となるもので、トリグリセリドとも呼ばれ、「TG」と表記されている事もあります。

食べ物から摂取された脂質は、胃を通り小腸から体内に入ってから血液を巡り、体内の生命維持の為に利用されるのですが、その時に使いきれなかったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

中性脂肪も適量であれば、生きていく為に必要なエネルギー源ですが、過剰に蓄えられると、皮下脂肪や贅肉という形に変貌し、私達を悩ます存在に変化していきます。

ほかにも、血中の中性脂肪値が高すぎると、脂質異常症という状態になります。

そのまま放置すると、徐々にめぐりが悪くなってしまい、それが不調につながり突然死に至ることも珍しくありません。

そのため、脂質異常症は、サイレントキラーと呼ばれます。


中性脂肪とは人間の体を動かすための原動力となるもので、トリグリセリドとも呼ばれ、「TG」と表記されている事もあります。

食べ物から摂取された脂質は、胃を通り小腸から体内に入ってから血液を巡り、体内の生命維持の為に利用されるのですが、その時に使いきれなかったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

中性脂肪も適量であれば、生きていく為に必要なエネルギー源ですが、過剰に蓄えられると、皮下脂肪や贅肉という形に変貌し、私達を悩ます存在に変化していきます。

ほかにも、血中の中性脂肪値が高すぎると、脂質異常症という状態になります。

そのまま放置すると、徐々にめぐりが悪くなってしまい、それが不調につながり突然死に至ることも珍しくありません。

そのため、脂質異常症は、サイレントキラーと呼ばれます。
展開アイコン

あなたは大丈夫?セルフチェック

展開アイコン

あなたは大丈夫?セルフチェック

中性脂肪などによる脂質異常症の約90%は、動物性に偏った食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣によるものだと言われています。

先ずはセルフチェックしてみましょう。

何気なく過ごす普段の生活の中で、あなたはいくつ当てはまりますか?



これらの項目にたくさん該当する方は、中性脂肪が高い傾向にあります。

体重を落とすために行動する前に中性脂肪の値を調べて健康的に無理なく、そして続けられる方法を探していくという事が大事です。
中性脂肪などによる脂質異常症の約90%は、動物性に偏った食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣によるものだと言われています。

先ずはセルフチェックしてみましょう。

何気なく過ごす普段の生活の中で、あなたはいくつ当てはまりますか?

これらの項目にたくさん該当する方は、中性脂肪が高い傾向にあります。

体重を落とすために行動する前に中性脂肪の値を調べて健康的に無理なく、そして続けられる方法を探していくという事が大事です。
展開アイコン

適正エネルギー摂取量を知ろう!

展開アイコン

適正エネルギー摂取量を知ろう!

自分の適正エネルギー摂取量を大幅にオーバーすると、それが中性脂肪となり皮下脂肪となって体に蓄積されていきます。

ところで、自分の適性エネルギーは知っていますか??
まずはエネルギーを摂りすぎていないかどうか?チェックが必要です。

適正エネルギー摂取量(kcal)=【身長(m)×身長(m)×22】×30(kcal/身体活動量)です。

例えば160cmの場合。
1.6×1.6×22=56.32(=適正体重)
56.32×22=1689.6kcal(1日の適正エネルギー摂取量)

という事になります。

日常生活の中で外食が多い人は特に、カロリー表示されているメニューも今では多いので、参考にしながら数値内で収まる様に調整する努力が必要です。
自分の適正エネルギー摂取量を大幅にオーバーすると、それが中性脂肪となり皮下脂肪となって体に蓄積されていきます。

ところで、自分の適性エネルギーは知っていますか??
まずはエネルギーを摂りすぎていないかどうか?チェックが必要です。

適正エネルギー摂取量(kcal)=【身長(m)×身長(m)×22】×30(kcal/身体活動量)です。

例えば160cmの場合。
1.6×1.6×22=56.32(=適正体重)
56.32×22=1689.6kcal(1日の適正エネルギー摂取量)

という事になります。

日常生活の中で外食が多い人は特に、カロリー表示されているメニューも今では多いので、参考にしながら数値内で収まる様に調整する努力が必要です。
展開アイコン

中性脂肪を減らすには?

展開アイコン

中性脂肪を減らすには?

中性脂肪の原因の多くは アルコールや糖質のとりすぎ等、食習慣と運動不足から。

とはいえ、なかなか日常生活のリズムを変えるという事が難しい人もいるので、上手に日々の食生活に、脂質が取り入れられるのを防ぐものを組み合わせて取り入れ、中性脂肪を減らしていくのがおすすめです。

まず食生活が西欧化する以前の、日本食が非常に良いと言われています。

精米していない穀類や、おかずとして野菜、海藻、小魚など、動物性の脂質を上手に避けて、組み合わせたバランスの良い食事の事。

伝統的な日本食は食物繊維やビタミンを摂取しやすく、自然と脂質(油)が控えめになり、しっかり噛む事で食べ過ぎも防げます。

とはいえ、なかなか忙しい日常の中で、昔ながらの日本食を続ける事は難しい人も多いはず。
そんな人におすすめなのが「油を制する」方法。

中性脂肪を減らそうと思うと、とにかく油を断つ!というイメージになりがちですが、実は余分な中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすサポートをしてくれる油があるんです!!

特にα-リノレン酸という成分が多く含まれる油(えごま油・しそ油・なたね油)は体内でEPAやDHAという物質に変化します。

EPAやDHAは通常、サバやサンマ、イワシなどの青魚の脂に含まれるもので、中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールと減らすと言われている物質。

魚離れ、しかも青魚を口にする機会が少なくなっている人は、なかなか摂取する事が出来ないのですが、日常の食生活にえごま油やしそ油などを上手に組み込む事で、中性脂肪を減らす事が容易になります。

また α-リノレン酸には、身体の耐性・抵抗力アップや、脳を活動的にさせるなど、体にとって様々なサポートとなるので、「油」と言っても健康には非常に有益ですね。

えごま油はそれに加えて、ポリフェノールが豊富。ポリフェノールは中性脂肪が高い人にはおすすめの栄養素の一つなのですが、悪玉コレステロールを減らし、体内のめぐりが悪くなるのを防ぐ役割があります。

次に大事なのは食物繊維を積極的に摂る方法。

食物繊維は腸内でコレステロールや脂肪分を、くるりと包み込んで外に出すことができます。

大豆などに多い植物ステロールと言う成分は、コレステロールの取り入れを防ぐする役割も。

積極的にお野菜や海藻、大豆製品など毎食一品は摂る様に意識すれば、ウェイトを落とすことにつながります。


中性脂肪の原因の多くは アルコールや糖質のとりすぎ等、食習慣と運動不足から。

とはいえ、なかなか日常生活のリズムを変えるという事が難しい人もいるので、上手に日々の食生活に、脂質が取り入れられるのを防ぐものを組み合わせて取り入れ、中性脂肪を減らしていくのがおすすめです。

まず食生活が西欧化する以前の、日本食が非常に良いと言われています。

精米していない穀類や、おかずとして野菜、海藻、小魚など、動物性の脂質を上手に避けて、組み合わせたバランスの良い食事の事。

伝統的な日本食は食物繊維やビタミンを摂取しやすく、自然と脂質(油)が控えめになり、しっかり噛む事で食べ過ぎも防げます。

とはいえ、なかなか忙しい日常の中で、昔ながらの日本食を続ける事は難しい人も多いはず。



そんな人におすすめなのが「油を制する」方法。

中性脂肪を減らそうと思うと、とにかく油を断つ!というイメージになりがちですが、実は余分な中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすサポートをしてくれる油があるんです!!

特にα-リノレン酸という成分が多く含まれる油(えごま油・しそ油・なたね油)は体内でEPAやDHAという物質に変化します。

EPAやDHAは通常、サバやサンマ、イワシなどの青魚の脂に含まれるもので、中性脂肪を減らし、悪玉コレステロールと減らすと言われている物質。

魚離れ、しかも青魚を口にする機会が少なくなっている人は、なかなか摂取する事が出来ないのですが、日常の食生活にえごま油やしそ油などを上手に組み込む事で、中性脂肪を減らす事が容易になります。

また α-リノレン酸には、身体の耐性・抵抗力アップや、脳を活動的にさせるなど、体にとって様々なサポートとなるので、「油」と言っても健康には非常に有益ですね。

えごま油はそれに加えて、ポリフェノールが豊富。ポリフェノールは中性脂肪が高い人にはおすすめの栄養素の一つなのですが、悪玉コレステロールを減らし、体内のめぐりが悪くなるのを防ぐ役割があります。

次に大事なのは食物繊維を積極的に摂る方法。



食物繊維は腸内でコレステロールや脂肪分を、くるりと包み込んで外に出すことができます。

大豆などに多い植物ステロールと言う成分は、コレステロールの取り入れを防ぐする役割も。

積極的にお野菜や海藻、大豆製品など毎食一品は摂る様に意識すれば、ウェイトを落とすことにつながります。

ふきだし

ふきだし

商品一覧

コレクション: 全商品一覧

5個の商品
  • 国産 杜仲茶 遠赤焙煎 ティーバッグ 3g×40包
    通常価格
    1,590円から
    通常価格:
    セール価格:
    1,590円から
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 京都そば処 国産 韃靼そば茶 200g
    通常価格
    1,580円から
    通常価格:
    セール価格:
    1,580円から
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 国産 ジンジャーシロップ 国産 無添加 熟成発酵黒生姜使用
    通常価格
    2,980円から
    通常価格:
    セール価格:
    2,980円から
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 国産 えごま油 低温圧搾 一番搾り110g
    通常価格
    2,590円から
    通常価格:
    セール価格:
    2,590円から
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 有機JAS認定 えごま油 国内搾油 低温圧搾 一番搾り 110g
    通常価格
    1,940円から
    通常価格:
    セール価格:
    1,940円から
    単価
    あたり 
    売り切れ