身体をあたためたい|身体の中からキレイをつくる

体の冷えは不調の元

いまや寒い冬に限らず、夏も冷えで苦しんでいる人が多いですよね。

ある調査では「自分が冷えやすいと思っている人」が女性で約66%、男性で約43%だそうです。

また、別の調査では、女性の7割、男性の3割強が、「冷えに悩んでいる」との結果になったそうです。

冷えはガン、脳血管障害、心疾患等多くの不調の根源では?と言われています。

冷える事で抵抗力が下がり、いろいろな不調をもらいやすくなるのみならず、肩が凝ったり、体の中から弱ったりなど、様々なリスクに繋がります。

西洋医学では「冷え」に該当する病名や概念が無いのは、検査方法や治療方法がないから。

しかし東洋医学では冷えは不調の原因だと考え、鍼灸など、冷えに対抗する様々な方法が取り入れられています。

簡単に良くなるというものではないという事が、ここからも読み取れますよね。

さて万病の元の冷え、どうしたらいいのでしょうか??

見出しをタップ
見出しをタップ
展開アイコン

冷えがあるという事は??

展開アイコン

冷えがあるという事は??

冷えがあると言ってもカラダの現れ方は様々。

手足が冷える、しもやけができやすい、体の中から冷えて下してしまう、肩がこる、腰痛や足に痺れを感じる、不調になりやすい等など。

そもそも冷えると体の中はどうなっているのでしょうか??

まず、血の流れが悪くなって血液がドロドロに。そのせいで体に必要な栄養素や酸素が体の隅々に運ばれなくなります。

体の流れが悪い為に、外に出すべきものも動きが滞り、体内に蓄積します。

体のめぐりが悪くなる事で、上から何を塗っても、中に何を摂取してもあまり効き目のない 綺麗なお肌や美髪が遠い存在の体質になってしまいます。
実は手先が冷えるという事は、内臓が冷えているという事。

内臓の動きに必要な熱量が足りない為に、生命維持に不可欠な部分に熱を集めようとする為、手先から冷えていくと考えられています。

体の抵抗力を決定するのは腸の状態と言われていますが、内臓から冷えてしまうという事はその抵抗力も弱くなってしてしまい、体温が一度下がると通常の30%ダウンとも。

冷えが酷くなると、疲労感が取れない、不眠やイライラ、集中力欠如、食欲不振、目の下のクマ、偏頭痛、胃腸の不調など様々なリスクに繋がります。

健康のみならず、美容にも大敵の冷え。美しくなるにはまず冷えをどうにかしよう!って事ですね。


冷えがあると言ってもカラダの現れ方は様々。

手足が冷える、しもやけができやすい、体の中から冷えて下してしまう、肩がこる、腰痛や足に痺れを感じる、不調になりやすい等など。

そもそも冷えると体の中はどうなっているのでしょうか??

まず、血の流れが悪くなって血液がドロドロに。そのせいで体に必要な栄養素や酸素が体の隅々に運ばれなくなります。

体の流れが悪い為に、外に出すべきものも動きが滞り、体内に蓄積します。

体のめぐりが悪くなる事で、上から何を塗っても、中に何を摂取してもあまり効き目のない 綺麗なお肌や美髪が遠い存在の体質になってしまいます。



実は手先が冷えるという事は、内臓が冷えているという事。

内臓の動きに必要な熱量が足りない為に、生命維持に不可欠な部分に熱を集めようとする為、手先から冷えていくと考えられています。

体の抵抗力を決定するのは腸の状態と言われていますが、内臓から冷えてしまうという事はその抵抗力も弱くなってしてしまい、体温が一度下がると通常の30%ダウンとも。

冷えが酷くなると、疲労感が取れない、不眠やイライラ、集中力欠如、食欲不振、目の下のクマ、偏頭痛、胃腸の不調など様々なリスクに繋がります。

健康のみならず、美容にも大敵の冷え。美しくなるにはまず冷えをどうにかしよう!って事ですね。
展開アイコン

なぜ冷える?

展開アイコン

なぜ冷える?

冷える理由は大きく分けると3つ。

一つは体内で必要な熱を作ることが出来ない場合です。

一日のエネルギーの消費の60~70%は、体の中で発生するものだそうで、その中でも筋肉から発生するものが約38%と1番多く占めています。

2番目の肝臓でも約12%のエネルギー消費という事を考えると、いかに筋肉でエネルギーを消費しているのか?がわかりますね。

という事は、筋肉量が少ない女性は、そもそも体内で生成されるエネルギー量が少なくなりがち。

しかも間違ったウェイトコントロールなどで筋肉量をさらに減らしてしまうと、慢性的な冷えに悩む事になります。
二つ目は折角生み出した熱を全身に届けられない場合。

これは日常生活の中に理由があり、血の流れが滞る事でおきます。

例えばエアコンが良く効いた室内と、暑い屋外を出入りする事で、血管が広がったり縮んだりして負荷がかかるのも、バランスが崩れます。

また不安感やストレスも間接的な要因の一つです。 また脂肪分や塩分、当分の多い食べ物も注意。ついつい食べ過ぎてしまい、それらを体内に取り込むするために、血液が胃腸に集まってしまうことにより、筋肉への血液供給が減ります。

筋肉に血液の供給が減ってしまう為に、エネルギーを届ける事が出来ないという悪循環。

食べ過ぎには注意!冷えへの対応措置のみならず、健康維持や美容的な側面からも食生活は非常に大事だと思います。
三つ目に熱が逃げやすい場合。

皮下脂肪が多い女性の場合特にですが、皮下脂肪には断熱する役割はあるものの、
血管が殆ど無い為に熱が加わっても全身には伝わりにくい傾向があります。

また皮下脂肪は、脂と水分などが冷えて固まったもの。

エネルギーに変わりにくく、水分をたっぷり含んでいる為に、外からの熱は断熱するものの、内部の熱を奪ってしまう事に。

その結果、冷えてさらに皮下脂肪が拡大しやすくなるという悪循環を及ぼします。

また水分が十分に体外に出されず体にため込んでしまっている場合も同じです。

汗をかいたりして、きちんと摂取した分の水分を体外に出せていればいいのですが、運動などをする機会がなく、十分に出されない場合は冷えの原因となってしまいます。


冷える理由は大きく分けると3つ。

一つは体内で必要な熱を作ることが出来ない場合です。

一日のエネルギーの消費の60~70%は、体の中で発生するものだそうで、その中でも筋肉から発生するものが約38%と1番多く占めています。

2番目の肝臓でも約12%のエネルギー消費という事を考えると、いかに筋肉でエネルギーを消費しているのか?がわかりますね。

という事は、筋肉量が少ない女性は、そもそも体内で生成されるエネルギー量が少なくなりがち。

しかも間違ったウェイトコントロールなどで筋肉量をさらに減らしてしまうと、慢性的な冷えに悩む事になります。



二つ目は折角生み出した熱を全身に届けられない場合。

これは日常生活の中に理由があり、血の流れが滞る事でおきます。

例えばエアコンが良く効いた室内と、暑い屋外を出入りする事で、血管が広がったり縮んだりして負荷がかかるのも、バランスが崩れます。

また不安感やストレスも間接的な要因の一つです。 また脂肪分や塩分、当分の多い食べ物も注意。ついつい食べ過ぎてしまい、それらを体内に取り込むするために、血液が胃腸に集まってしまうことにより、筋肉への血液供給が減ります。

筋肉に血液の供給が減ってしまう為に、エネルギーを届ける事が出来ないという悪循環。

食べ過ぎには注意!冷えへの対応措置のみならず、健康維持や美容的な側面からも食生活は非常に大事だと思います。



三つ目に熱が逃げやすい場合。

皮下脂肪が多い女性の場合特にですが、皮下脂肪には断熱する役割はあるものの、
血管が殆ど無い為に熱が加わっても全身には伝わりにくい傾向があります。

また皮下脂肪は、脂と水分などが冷えて固まったもの。

エネルギーに変わりにくく、水分をたっぷり含んでいる為に、外からの熱は断熱するものの、内部の熱を奪ってしまう事に。

その結果、冷えてさらに皮下脂肪が拡大しやすくなるという悪循環を及ぼします。

また水分が十分に体外に出されず体にため込んでしまっている場合も同じです。

汗をかいたりして、きちんと摂取した分の水分を体外に出せていればいいのですが、運動などをする機会がなく、十分に出されない場合は冷えの原因となってしまいます。
展開アイコン

夏なのに?

展開アイコン

夏なのに?

最近では夏なのに体が冷えるという方も多いですね。

それは夏ならではの理由が沢山あります。

先ずは毎日の飲み物や食べ物。つい暑いからといって温かい食事を避け、冷たい食べ物や飲み物を摂りがちです。

また、夏野菜は体を冷やす野菜が多く、昔ながらの生活をしている人にとってはありがたい存在ですが、冷房が強い室内で過ごし、冷蔵庫で冷えたドリンクや食べ物を簡単に摂取できる今の環境では、摂取のバランスに気を配る必要があるかもしれません。

ちなみに体を冷やすと考えられている野菜の一例をあげると
きゅうり、トマト、なす、ゴーヤ、モヤシ、おくら、小松菜、報連相、レタス、キャベツ、白菜、大根などなど。

果物ではバナナ、パイナップル、マンゴー、すいか、レモン、グレープフルーツ、柿、梨、キウイ、メロンなどです。
飲み物も要注意!温かくても冷えるものはあります。例えば麦茶やコーヒー、牛乳や豆乳などは、温かくしても体を冷やす飲み物です。

もちろん冷たくしたほうが美味しい飲み物の殆どが体を冷やします。

ちなみにアルコール部門で言うと、温めるのは赤ワインや日本酒、紹興酒。冷やすのは白ワインやビール、ウィスキー、焼酎です。

同じワインでも赤と白で違うって、面白いですね。

これらを摂取する機会が多いなら、飲み物を常温にするとか、意識して温かいものを口にするなど、冷えすぎないように注意しましょう。
次に夏はお風呂に浸からずにシャワーで済ませてしまうのも原因の一つ。

湯船に浸かる事は、全身のめぐりを促し、体温を上げることにつながるのですが、ついつい頻繁に汗をかく夏はシャワーで済ますという人も多いはず。

また夏は水着や薄着になるからと、急いで無理なことをしたダイエッターさんも夏に冷えやすい体に。

間違った方法によって筋肉力が急激に減少してしまう事で、夏に冷えに悩まされるという人も女性の場合は多いです。

夏は暑すぎて出来ないと、運動を避けている人も、同じです。


最近では夏なのに体が冷えるという方も多いですね。

それは夏ならではの理由が沢山あります。

先ずは毎日の飲み物や食べ物。つい暑いからといって温かい食事を避け、冷たい食べ物や飲み物を摂りがちです。

また、夏野菜は体を冷やす野菜が多く、昔ながらの生活をしている人にとってはありがたい存在ですが、冷房が強い室内で過ごし、冷蔵庫で冷えたドリンクや食べ物を簡単に摂取できる今の環境では、摂取のバランスに気を配る必要があるかもしれません。

ちなみに体を冷やすと考えられている野菜の一例をあげると
きゅうり、トマト、なす、ゴーヤ、モヤシ、おくら、小松菜、報連相、レタス、キャベツ、白菜、大根などなど。

果物ではバナナ、パイナップル、マンゴー、すいか、レモン、グレープフルーツ、柿、梨、キウイ、メロンなどです。



飲み物も要注意!温かくても冷えるものはあります。例えば麦茶やコーヒー、牛乳や豆乳などは、温かくしても体を冷やす飲み物です。

もちろん冷たくしたほうが美味しい飲み物の殆どが体を冷やします。

ちなみにアルコール部門で言うと、温めるのは赤ワインや日本酒、紹興酒。冷やすのは白ワインやビール、ウィスキー、焼酎です。

同じワインでも赤と白で違うって、面白いですね。

これらを摂取する機会が多いなら、飲み物を常温にするとか、意識して温かいものを口にするなど、冷えすぎないように注意しましょう。



次に夏はお風呂に浸からずにシャワーで済ませてしまうのも原因の一つ。

湯船に浸かる事は、全身のめぐりを促し、体温を上げることにつながるのですが、ついつい頻繁に汗をかく夏はシャワーで済ますという人も多いはず。

また夏は水着や薄着になるからと、急いで無理なことをしたダイエッターさんも夏に冷えやすい体に。

間違った方法によって筋肉力が急激に減少してしまう事で、夏に冷えに悩まされるという人も女性の場合は多いです。

夏は暑すぎて出来ないと、運動を避けている人も、同じです。
展開アイコン

身体をあたためるには??

展開アイコン

身体をあたためるには??

様々な要因で冷えは起こるという事はご理解いただけたと思います。

ただ生活環境は人によってそれぞれ違うので、自分の毎日の衣食住の中から自分に合った対応措置を見つける事が大事です!

誰にもお勧めしたいのは朝目覚めたあとに、1杯のお白湯もしくは水(夏)を飲むというもの。

冬場は暖かいお白湯を朝一で入れる事により体の芯から温まります。胃や腸から温める事により、冷えを感じにくくする事が出来るからです。

夏でももちろんお白湯でいいのですが、水でも効き目があります。
胃の中に水が入る事で、体温が下がったと胃や腸が感知し、体温を上げようと体内スイッチが入るからです。
また体を温めるものを摂取する事。

コーヒーが好きな人は、体を温めてくれて健康・美容もサポートしてくれる玄米コーヒーにするとか、エイジングサポートやウェイトコントロールで注目され、サポニンを多く含むごぼう茶を飲むなど。

血の流れを良くして体の芯から温める食材として、玄米やゴマなどの穀物類、味噌などの大豆製品やニンニク、生姜やドライフルーツなど、積極的に日常の食生活に取り入れる事で、体質を良い方向へ変えていく事は重要だと思います。

ちなみに・・・生姜ですが冷えをなくす為に摂取をするのであれば、蒸して干した「乾姜(かんきょう)」でないと体を温める役割はあまりありません。

生姜に含まれるショウガオールという成分は、生や火を通した生姜では十分に摂取できず冷えに対してはNG

食べたり飲んだりするものが、結局は体を構成するので、先ずはここから意識を変えていきましょう。

出来れば体温以上のものを食べる、飲むというのも、なるべく心がけたいものです。
また適度な運動習慣も必要。

自転車で移動するところをウォーキングに変えてみるとか、軽いストレッチや筋トレをしてみる、腹式呼吸をするなどもいいですね。

とにかく筋肉量を減らさないという事はとっても大事です。

またゆっくりとお風呂に入る事も、直接体を温める事にもなりますし、根本から体の具合を整えたりストレスを発散するにも役立ちますので、非常に良いこだと思います。

カーディガンやストール、ブランケットなど温度管理を自分の具合に合わせて出来るグッズをそなえておくという事も、大切ですね。

質の高い睡眠や、いいストレスの対応策を持っておくという事も大事だと思います。


様々な要因で冷えは起こるという事はご理解いただけたと思います。

ただ生活環境は人によってそれぞれ違うので、自分の毎日の衣食住の中から自分に合った対応措置を見つける事が大事です!

誰にもお勧めしたいのは朝目覚めたあとに、1杯のお白湯もしくは水(夏)を飲むというもの。

冬場は暖かいお白湯を朝一で入れる事により体の芯から温まります。胃や腸から温める事により、冷えを感じにくくする事が出来るからです。

夏でももちろんお白湯でいいのですが、水でも効き目があります。
胃の中に水が入る事で、体温が下がったと胃や腸が感知し、体温を上げようと体内スイッチが入るからです。



また体を温めるものを摂取する事。

コーヒーが好きな人は、体を温めてくれて健康・美容もサポートしてくれる玄米コーヒーにするとか、エイジングサポートやウェイトコントロールで注目され、サポニンを多く含むごぼう茶を飲むなど。

血の流れを良くして体の芯から温める食材として、玄米やゴマなどの穀物類、味噌などの大豆製品やニンニク、生姜やドライフルーツなど、積極的に日常の食生活に取り入れる事で、体質を良い方向へ変えていく事は重要だと思います。

ちなみに・・・生姜ですが冷えをなくす為に摂取をするのであれば、蒸して干した「乾姜(かんきょう)」でないと体を温める役割はあまりありません。

生姜に含まれるショウガオールという成分は、生や火を通した生姜では十分に摂取できず冷えに対してはNG

食べたり飲んだりするものが、結局は体を構成するので、先ずはここから意識を変えていきましょう。

出来れば体温以上のものを食べる、飲むというのも、なるべく心がけたいものです。



また適度な運動習慣も必要。

自転車で移動するところをウォーキングに変えてみるとか、軽いストレッチや筋トレをしてみる、腹式呼吸をするなどもいいですね。

とにかく筋肉量を減らさないという事はとっても大事です。

またゆっくりとお風呂に入る事も、直接体を温める事にもなりますし、根本から体の具合を整えたりストレスを発散するにも役立ちますので、非常に良いこだと思います。

カーディガンやストール、ブランケットなど温度管理を自分の具合に合わせて出来るグッズをそなえておくという事も、大切ですね。

質の高い睡眠や、いいストレスの対応策を持っておくという事も大事だと思います。

ふきだし

ふきだし

商品一覧

コレクション: 全商品一覧

9個の商品
  • 国産 ごぼう茶 50包 遠赤焙煎・深蒸し製法
    通常価格
    1,580円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,580円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • オーガニック ラズベリーリーフティー 30包 ドイツオーガニック認証取得
    通常価格
    1,395円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,395円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 国産 あま茶 30包 岩手県九戸村産 無農薬 甘茶 化学肥料未使用
    通常価格
    1,310円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,310円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 黒豆ごぼう茶 50包 国産 深蒸し・遠赤焙煎製法
    通常価格
    1,580円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,580円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • マヌカハニー キャンディー ハニードロップレット UMF 15+ (23g / 6粒入)
    通常価格
    1,620円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,620円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • マヌカハニー キャンディー ハニードロップレット UMF 10+ (23g / 6粒入)
    通常価格
    1,190円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,190円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • マヌカハニー UMF 15+ ニュージーランド産 250g 5大保証書付
    通常価格
    6,912円
    通常価格:
    セール価格:
    6,912円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 国産 ジンジャーシロップ 国産 無添加 熟成発酵黒生姜使用
    通常価格
    2,980円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    2,980円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 玄米コーヒー つや姫 粉タイプ 100g ノンカフェイン ブラックジンガー
    通常価格
    1,080円(税込)
    通常価格:
    セール価格:
    1,080円(税込)
    単価
    あたり 
    売り切れ