最終更新日

紫菊芋の驚くべき効果とは?料理に活用するなら菊芋パウダーがおすすめ!

紫菊芋

先日リリースした「健康菜茶 紫菊芋茶」。もうお試しいただけたでしょうか?

早速ですがたくさんのお客様からさまざまなご意見が沢山届きました。
「いつも菊芋を料理していたけれど、お茶にすると飲みやすい!」というご意見と同時に、
「紫菊芋はあまり売っていないし、買えた所で調理をするのが面倒だから、料理に使える商品も開発して欲しい」と。

料理

なぜ料理に使う人が多いのか?といいますと、やはり健康へのサポート役をお探しのようで。

紫菊芋はイヌリンの成分が多いので、ダイエッターに良いうえ、健康のサポート役になるんですね。

紫菊芋パウダーはこちら

風土日和 紫菊芋パウダー

栄養価が高く新鮮な紫菊芋を細かい粉末状に加工しているので、気軽に色々な食べ物や飲み物に使えるのも、風土日和の紫菊芋パウダーの魅力のひとつ。味にクセがなく、溶けやすいので、ドリンクに加えても良し、ヨーグルトにかけても良し。スープに入れたりご飯を炊く時にプラスしてもおいしいので、さまざまな使い方を楽しめます。

紫菊芋パウダーをもっと詳しく見る

栄養たっぷりな紫菊芋をパウダーに

粉末

 

「もっと料理に活用しやすくしてほしい」というご意見をいただいたため、生産農家さんに相談したら紫菊芋をパウダーに出来るとの事。

そのため急遽、風土日和シリーズより「国産紫菊芋パウダー」 をリリースする事にしたのです。

ちなみに紫菊芋にイヌリンがどれだけ多く含まれているか?といいますと、普通の菊芋の成分を抽出して作ったサプリメントと比べると以下の様な結果になったんですね。

菊芋サプリメント:1,750mg(1日摂取量 7粒)
紫菊芋パウダー:2,980mg(スプーン1杯 5g程度)

田園風景

しかも紫菊芋は、白菊芋には含まれていないオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれています。

このようにたくさんの栄養素が含まれているのですから、簡単に日々のお料理に摂り入れたい!というご要望にも納得ですね。

料理に活用しやすいのもパウダーならでは

栄養満点の紫菊芋を粉末状にしたパウダーだからこそ、レシピのバリエーションも豊富!

お味噌汁やスープに入れたり、調理過程で炊き込みご飯やハンバーグやお好み焼きに入れるなど。

パンや粉モノ、ご飯や麺類がやめられな~い!という方に特におすすめですよ。

健康サポートや体重管理が出来るスプーン1杯の健康習慣、是非ご活用ください。

紫菊芋パウダーはこちら

風土日和 紫菊芋パウダー

栄養価が高く新鮮な紫菊芋を細かい粉末状に加工しているので、気軽に色々な食べ物や飲み物に使えるのも、風土日和の紫菊芋パウダーの魅力のひとつ。味にクセがなく、溶けやすいので、ドリンクに加えても良し、ヨーグルトにかけても良し。スープに入れたりご飯を炊く時にプラスしてもおいしいので、さまざまな使い方を楽しめます。

記事一覧に戻る

\\ オーガニック健康食品の情報誌 //

健康食品屋だからこその健康&美容など
楽しい情報を週1回お届け!