ソイプロテインはホットで飲んでも大丈夫?

ソイプロテインはホットで飲んでも大丈夫?

冬ホット

ダイエッターの間でも近年人気を集めている「プロテイン」

そんなプロテインですが、初めての場合は特に、「飲み方がわからなくて迷う」という方も多いのではないでしょうか。

また、暑い時期なら良いですが、寒くなってくると冷たいドリンクを飲むのが辛くなってきますよね。

そこで気になるのが、「プロテインは温めて飲んでも大丈夫なのかどうか」です。

今回は、プロテインをホットの状態で飲んでも大丈夫なのかについて解説するとともに、オススメの商品も紹介していきたいと思います。

プロテインはホットで飲んでも大丈夫

そもそも、プロテインをお湯や温めた牛乳で飲んでも良いのかという点ですが、栄養価的には問題はありません。

しかし、温めた飲み物に溶かす場合、以下の変化が起こるリスクがあるので注意が必要です。


ミルク

1>タンパク質が熱変性によりダマができやすく、飲みにくさを感じる。
2>味の感じ方が変化する。

熱変性とは、タンパク質の分子の立体構造が熱により変化して性質が変化することを言います。

生卵に熱を加えると白身や黄身が固まりますよね?

この熱を加えることで起こる変化のことを、熱変性と言います。

ちなみに熱変性が起きても、栄養学的には何の問題もありません。

プロテインの場合、この熱変性が起こることで、粉がダマになりやすく、溶けにくくなることも。

結果的にコップの底にダマが残ってしまってキレイに飲みきれなかったり、飲みにくさを感じたりすることもあるようです。


飲む女性

味の感じ方では、フルーツ味などは温かい温度で飲むと酸味が強く感じられることがあります。

プロテインの種類によって変化は異なる

プロテインパウダーの場合、原料によって熱変性を起こす温度帯が異なります。

その詳しい理由を紹介しましょう。

例えばホエイプロテインの場合、80℃前後から熱変性を起こしますが、カゼインプロテインやソイプロテインは熱に強いのが特徴です。

実際に、カゼインプロテインやソイプロテインの場合、100℃程度では熱変性は起こらないと考えられています。

したがって、ホットプロテインを楽しむ際は、カゼインやソイが原料となっているプロテインを選ぶことをおすすめします。


大豆プロテイン

ホットプロテインの美味しい飲み方

プロテインをホットの飲み物に溶かして飲む場合、レンジに温度設定機能があれば、60℃ぐらいに設定して温めると良いでしょう。

プロテインの原料に関係なく、ダマになりにくく、ホットプロテインを楽しむことができます。

おすすめのソイプロテインは?

温めて飲みたい派の方にもおすすめしたいのが、オーガライフのボタニカルプロテイン「大地のめぐみ 素美人」です。

「大地のめぐみ素美人」は、純国産・食品添加物不使用で、栄養バランスが整った完全食ソイプロテイン。

黒糖抹茶味と、まるごといちご味の2つのフレーバー、どちらも美味しいと好評のも人気商品です。

ホットで飲んでも美味しいのでぜひお試しください!

大地のめぐみ素美人



素美人

関連記事