オーガニック食品通販のオーガライフ

人気の検索ワード

プロテイン たんぱく質 ダイエット
免疫力 無添加

もしかしてうちの子、花粉症かも?子どもに多い花粉症の特徴とおすすめの対策

もしかしてうちの子、花粉症かも?子どもに多い花粉症の特徴とおすすめの対策

国内で年々増えてきている花粉症患者。くしゃみや鼻づまり、鼻水、目の痒さなど、大人でも辛い花粉症ですが、実は近年では子どもの花粉症も増加傾向にあることをご存じでしょうか?今回はそんな子どもの花粉症とその対策についてまとめてみました。

子どもでも花粉症になる?

くしゃみや鼻づまり、目の痒さといった不快な症状を引き起こす花粉症。環境省の調査によると、花粉症の患者数は年々増加しており、平成10~20年の間にスギ花粉の患者数が約10%も増えたことが分かっています。

大人でも日常生活に支障をきたすほどつらい花粉症ですが、実は最近は子どもの発症件数も増えていることをご存じでしょうか?

『鼻アレルギー診療ガイドライン2020』によると、スギ花粉症だけでも5~9歳で(30.1%)、10~19歳で49.5%の人が発症していることが分かっています。

つまりは、5~9歳では3人に1人、10~19歳の場合は2人に1人がスギ花粉を発症していることになりますので、その多さは大人とそう変わらないと言えます。

最近は2~3歳で花粉症を発症する子どもも少なくはありません。幼児の場合は症状を具体的に伝えることが難しいので、まわりが十分に注意を払う必要があります。

特にスギ花粉の場合は、飛散する時期が1月下旬~4月と風邪やインフルエンザが流行する時期と被るため、判断が難しいケースもあります。そのため、もし子どもが熱はないのに鼻水やくしゃみが止まらなかったり、鼻づまりなどの症状が見られたりする場合は、早めに医療機関で診療してもらうことをオススメします。

子どもの花粉症は大人と違う?

花粉症の一般的な症状と言えば、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目の痒さなどが挙げられますが、実は大人と子どもとで出やすい症状は異なります。 実際に子どもの場合は、くしゃみよりも鼻づまりを起こしやすい傾向にあるようです。

これは、子どもの鼻は小さいので詰まりやすく、詰まってしまうと花粉がさらに入ってくるスペースも十分にないので、くしゃみは起こりにくいことが理由として挙げられます。

鼻水は少し粘っこい

大人の花粉症の場合、サラサラとしている水のような鼻水が出やすい傾向にありますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水が出ることもあります。風邪と間違えやすいので、判断には注意が必要です。

目の症状も出やすい

子どもの花粉症の場合、目の痒みや充血、目の周りのむくみなどの症状も出やすいと言われています。頻繁に目の周りを掻くようであれば、早めに医療機関で診療してもらいましょう。

子どもの花粉症の見分け方

先ほどもお伝えしたように、幼児の場合は特に症状を具体的に伝えることが難しいため、まわりの大人が十分に注意を払う必要があります。 ただ、スギ花粉は特に飛散時期が風邪やインフルエンザの流行時期と重なるため、判断が難しいことも。そこで続いては、子どもが花粉症かどうか見分けるコツを紹介していきます。

鼻をピクピクさせているかどうか

花粉症にかかると鼻がムズムズするので、鼻をこすったり掻いたりして傷や赤みが残ることがあります。 また、鼻をピクピクさせたり鼻や口の周りをしかめたりすることもあるので、そういった点は判断基準になりやすいでしょう。また、鼻をいじりすぎて鼻血が出てしまうこともあります。

口を開けていることが増えた

口を開けているかどうかも、花粉症の判断基準として分かりやすいポイントです。鼻が詰まると口呼吸をすることが増えるので、自然と口を開けている時間が長くなります。鼻詰まりは見た目では分かりにくいので、口を開けているかどうかを見て、慎重に判断しましょう。

子供の花粉症は心身の発達に影響をきたすことも

目や鼻の痒みや鼻づまりで睡眠不足になると、昼間にボーとしてしまったり眠気が出たりして日常生活に支障が出ることも。子どもの場合は勉強や睡眠だけでなく、心身の発達に影響をきたすこともあるため、早めの対策が大切です。

ちなみに花粉症はスギ花粉だけが原因ではありません。イネ科やキク科の植物や、ヒノキが原因で花粉症を引き起こすケースも珍しくはなく、基本的には1年間で花粉が飛んでいない時期はないと言えます。

ですので、「花粉の時期じゃないから大丈夫」と安易に判断せず、熱が無いのに鼻水や鼻づまりなどの症状が出た場合は十分に注意しましょう。

イネ科

カモガヤやオオアワガエリ、ハルガヤなどが原因となることが多いです。5~9月頃に症状が現れます。

キク科

ブタクサ、ヨモギなどが原因となることが多く、夏~秋頃に症状が出やすいです。

ヒノキ

スギよりも少し遅い時期に飛散が始まります。

子どもの花粉症の治療法は?

子どもが花粉症かもしれないと思った時は、まず小児科や耳鼻咽喉科、アレルギー科を受診しましょう。目の痒みがひどい場合は、眼科でもOKです。

また、子どもの花粉症の治療法は、基本的には大人と同じです。「なるべく花粉を浴びないようにすること」が大事になるため、外出時はマスクやメガネなどを着用し、症状の悪化を予防します。

あとは帰宅時に手洗いやうがい、洗顔をすることを習慣づけることも大切です。家の中の対策として、空気清浄機を設置することも有効な手段だと言えるでしょう。

薬での治療も可能

症状がひどい場合は、お薬での治療も考えましょう。点鼻薬、点眼薬は抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などによる治療が一般的ですが、子どもがこれらの薬を服用する場合は保護者のサポートが必須です。また、成分によっては服用に年齢制限があるため、注意しましょう。

基本的に医師が処方する薬は、子どもが使っても安全なことが確認されていますが、どんな薬にも副作用が生じる可能性はゼロではありません。

そのため、「子供に薬を服用させるのは不安…」と考える保護者の方も多いと思います。症状が重い場合はもちろんお薬治療が必要となりますが、そうではないのであれば、薬以外の花粉症対策を検討してみてはいかがでしょうか。

花粉症におすすめの「べにふうき茶」

「べにふうき」というお茶をご存じでしょうか?最近メディアや雑誌で度々紹介されているので、その名前を耳にしたことがある方も多いかもしれません。

べにふうきとは、アッサム雑草の紅茶「べにほまれ」と、ダージリンを交配し、紅茶・半発酵茶用品種として開発されたお茶の一種です。べにふうき茶は一般的な緑茶よりもカテキン含量が多く、スクリクチニンと呼ばれるタンニンの一種と、メチル化カテキンという成分を豊富に含んでいることが最近の研究で分かっています。

メチル化カテキンとは、もともとカテキンだった成分がメチル化と呼ばれる反応をしたもののことを言います。そもそもカテキンとはお茶の苦み成分のことで、緑茶に多く含まれています。

緑茶には主に4種類のカテキンが含まれているのですが、その中でも茶葉に最も多く含まれるのが「エピガロカテキンガレート」です。この一部がメチル化されてできるのが、メチル化カテキンとなります。

メチル化カテキンとアレルギーの関係性

花粉症はアレルギーの一種であることがご存じの方も多いと思います。そもそもアレルギーとは、私たちの身体に備わっている免疫機能が、特定の成分に過剰に反応してしまうことで起こる反応のことを言います。

花粉症で言うのなら、花粉に過剰に反応してしまうことで、鼻水やくしゃみ、毛のかゆみなどの症状が起こるということです。

べにふうきに多く含まれているメチル化カテキンは、この花粉に反応する「IgE受容体」の発現を抑える作用があると考えられています。

また、体の中にある抗体が花粉に反応することでヒスタミンというたんぱく質が作られ、それがアレルギー症状を引き起こすのですが、メチル化カテキンはこのヒスタミン生成を阻害する働きがあることも分かっています。

ヒスタミンが生成されなければ鼻水やくしゃみなどの症状も引き起こされないので、結果的に花粉症の症状を抑えることができるということです。

美味しく気軽に花粉症対策しよう

べにふうき茶が、花粉症をはじめとするアレルギーに有効だということを分かっていただけたでしょうか?べにふうき茶を花粉症対策として飲用する場合、長期間飲み続けた方が短期間飲むよりも効果が高いことが最近の研究で分かっています。

特に花粉が飛ぶ1.5か月前までに飲むとより効果が期待できると言われているので、ぜひ習慣づけてみてはいかがでしょうか?

カテキンを多く含むべにふうき茶は、一般的に苦みと渋みが生じやすい特徴がありますが、オーガライフでは、子どもも美味しく飲めるよう味にもこだわりました。

香ばしくてほのかに甘く、さっぱりとした口当たりが楽しめるので、美味しく続けることができますよ。ぜひチェックしてみてください。

おすすめのべにふうきはこちら

福袋ページ

飲み方も熱湯を注いで2分待つだけなので、面倒なことも一切なし!毎日おいしく続けられますよ。

ぜひオーガライフのべにふうき茶を一度試してみてください。

関連記事